餃子苑、名古屋市中川区宮脇町にある辛さが病みつきになる中華料理店

店名:餃子苑
住所:愛知県名古屋市中川区宮脇町2-71-2
電話:052-361-5108

餃子苑は、中川運河右岸方向で「ヨシヅヤ」というスーパーマーケットの側にあるところです。
すぐ側にはあおなみ線が通っており、南荒子駅から東にちょっとあるくとあります。

餃子苑の外観は結構古い感じで、一軒家の1階を改造したという感じです。
周囲は新旧入り乱れた宅地になっています。お店の目の前にある駐車場に止めて入りました。
店内は外と同じで相当年季が入っています。狭い用に感じますが、ソコソコの席数があります。

餃子苑の特徴はなんと言っても辛い食べ物があると言うこと。
しかも辛さのレベルもかなり高い。
何でも餃子苑の店主が辛いものをわざわざあちこちから取り込んでいるらしく、それだけからい物に力を入れているようです。

夜だけの数量限定でありますので、夜の開店時間に合わせてなるべく早めに来たので、注文は出来ました。
注文したのは辛めの天津飯。天津飯が辛いというのはなかなか聞かないのですが、好奇心で選択。

ついたらすぐさま口の中にイン!
そして伝わるものすごいからさ。
これは尋常ではないという感じですが、辛い物が好きな私としてはチャレンジング精神がわいてきます。

水はちょくちょく必要なレベルですが、なんとかじっくりと食べて完食。
辛さの中にあるうま味もあり、辛い物好きを満足させるできでした。

川崎市武蔵小杉にあるバーミヤンのオイスターソースとピリ辛が特徴の牛肉メニュー

店名:バーミヤン武蔵小杉店
住所:神奈川県川崎市中原区今井仲町338-2
電話:044-739-1875

神奈川県川崎市の武蔵小杉にあるバーミヤンでは、厚切り牛肉のスパイス仕立てを食べることが可能です。
牛肉が主役となったメニューですけど、味付けが割と独特で、そこに特徴を見出すことができるでしょう。

というのも、このメニューで使われている牛肉に対してはオイスターソースが使用されており、その味がかなり強くなっているのです。
牛肉ではそこまでメジャーな味付けではない気がするので、個人的には結構新鮮な感じで食べることができたと思います。

また、このメニューはやや辛みを感じられる仕様になっていますから、そこはアクセントとして機能しています。
ピリ辛程度の辛さなので、気になるほどではないと言え、これくらいならばむしろ好きな人も多いのではないか?と思われます。

牛肉だけを味わいたい人にとっては、バーミヤンの厚切り牛肉のスパイス仕立ては非常におすすめですし、気軽に注文してみると良いのではないでしょうか?
値段は699円となっているため、そんなに高い感じはしないと言えるでしょうし、躊躇せずに注文できるような金額になっていると言えるはずです。

上海湯包小館 イオンモール常滑店は小籠包が絶品の中華料理店

愛知県常滑市の「上海湯包小館 イオンモール常滑店」は、イオンモール常滑店1階にある中華料理店です。
上海湯包小館の店内は赤と黒が基調の、中華風でありながらどこか落ち着いた空気が漂う内装で、老若男女問わず入りやすい雰囲気があります。

中華料理を取り扱うお店であり、中華料理といえば脂っこいものが多いイメージを持っている人もいるかと思いますが、上海湯包小館では日本人向けのあっさりとした料理もあり、女性にも嬉しい飲食店になっています。

私の上海湯包小館イチオシメニューは、ディナーの「蟹あんかけ炒飯セット」です。
メインの蟹あんかけ炒飯に、小籠包3つと、デザートにハーフ杏仁豆腐が付いて税抜1,290円。

蟹あんかけ炒飯は見た目以上にさらっとした口あたりで、お茶漬けのようにスルスルと食べられてしまいます。
小籠包3つというのも絶妙な個数で、「もう少し食べたい!」と思える、一番おいしく食べられる個数です。

杏仁豆腐も、牛乳プリンに近い優しくまろやかな味わいで、後味が残りにくい風味なので、満足感がありながらもたれにくい、嬉しいメニューです。

店名:上海湯包小館 イオンモール常滑店
住所:愛知県常滑市りんくう町2丁目20番3イオンモール常滑1F
電話:0569-89-2501

銀座にあるあの人気麺が表参道で食べれる蝋燭屋 表参道ヒルズ店

蝋燭屋でぜひ食べていただきたいメニューは麻婆麺です。
辛い物好きにはたまらない適度に辛い麻婆豆腐が中華麺の上にかけられた一品です。
あの有名グルメ雑誌「danchu」にも取り上げられており、ちょうどよい濃度の麻婆餡が麺によく絡みマッチします。

蝋燭屋に来たらぜひ使っていただきたい調味料が、卓上に用意されている「ぶどう山椒オイル」です。
普通のお店ではなかなか見ないものだと思いますが、加えてみるとくちびるにまでビリビリとくるシビレとフルーティーな香りが最後まで飽きさせることなく食欲を刺激します。

麻婆餡の辛さも選べますが、私的におすすめなのは自分の好みよりも1ランク上の辛さを選び、別途注文したライスにかけるとペロリと半ライスも食べられてしまいます。
お昼時に蝋燭屋に行けばライスは注文せずともサービスでつけてもらえます。

本来は銀座本店まで行って長蛇の列に並ばなければありつけない一品なのですが、近年できた表参道ヒルズ店は席数も多く並ぶことも少ないです。
蝋燭屋は店員さんも親切で、料理もあまり待つことなく提供してもらえるので、1,000円程度のランチにはもってこいです!

店名:蝋燭屋 表参道ヒルズ店
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目12-10
電話:03-6447-2801

渋谷で新たな四川料理を堪能できる店「szechwan restaurant 陳」

szechwan restaurant 陳は、四川料理の第一人者である陳建民を父にもち、「料理の鉄人」でブレイクをはたした陳建一がオーナーを務める四川料理の銘店です。
陳建一は修行のすえ、父である建民の死去により「四川飯店」のオーナーに就任します。

ブレイク後はさまざまメディアに出演し、CMにも抜擢され数多くの著書も執筆していますが、その中で渋谷に新たなる店舗「szechwan restaurant 陳」を構えました。
父建民の魂をいかしつつ新たなコンセプトで独自のメニューを考案し、店内の装いもスタイリッシュにまとめた今までにない四川料理が味わえる店です。

szechwan restaurant 陳おすすめの料理は、四川飯店伝統の麻婆豆腐はもちろん、よだれ鶏・伊勢海老のチリソース・タラバ蟹のミルク炒め・和牛サーロインの真空仕立てチンジャオロース・汁なし担々麺などですが、まずは豊富なランチメニューや3種類のコース料理で味わうことをおすすめいたします。

誰もが四川飯店の伝統を受け継いだ、陳建一の新たな味を堪能できるはずです。
オープンキッチンを取り入れるなどそのおしゃれな雰囲気は、大切な人との会食や接待、家族の記念日などに最適な空間を演出してくれます。

店名:szechwan restaurant 陳
住所:東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー東急ホテル2F
電話:03-3463-4001

チリレンゲ、阿波座にある麻婆豆腐が衝撃的に美味しい中華食堂

店名:中華食堂チリレンゲ
住所:大阪府大阪市西区立売堀3丁目4-1 メゾン アルカディア
電話:06-6539-1990

仕事で阿波座にきたので、どこか良い店はないかなと探していました。
取引先の人にきくと、中華食堂チリレンゲというお店の麻婆豆腐が美味しいとのこと。

ちょうど辛いものが食べたかったので、行ってみることに。
お店に着くと、チリレンゲは人気店なのか人が多かったです。
少し並んで店内に入ってメニューを見ることに。

たくさん種類がありましたが、食べるものは決まっていました。
チリレンゲの人気メニューである麻婆豆腐です。

さて、どんな麻婆豆腐なのか。
見た目は鮮やかで綺麗な麻婆豆腐。
少しオイリーですが、具がたくさん入っていて美味しそうです。

山椒が良いアクセントになっていて、ピリッといた辛さがたまりません。
山椒以外にも豆チが入っているのですが、これも味の決め手になっている気がします。

ご飯が欲しくなる程よい辛さが良いんですよね。
ちなみにご飯はおかわり自由です。

もちろん麻婆豆腐が美味しすぎてご飯が進むので、おかわりしました。
後から聞いた話によると、チリレンゲのシェフは福島のOILという中華料理屋出身らしいです。

OILも麻婆豆腐が美味しい店として有名なので、チリレンゲの味にも納得できます。
麻婆豆腐も美味しかったのですが、他のメニューも美味しそう。

今度チリレンゲに行くときは、違うものも食べてみようと思います。
きっと、期待どおりの味だと思います。

ぎょうざ処だいきち、難波にある無限に食べられるほど美味しい餃子店

店名:ぎょうざ処だいきち
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目7-11
電話:06-7653-0748

騒がしい街である難波に、隠れ家的な餃子専門店、ぎょうざ処だいきちがあります。
ぎょうざ処だいきちはカウンター席のみの店内で、予約も受け付けていないお店。
そのため、18時のオープン時に行くのがおすすめです。

19時ぐらいになると、お客さんも増えてきますから。
ぎょうざ処だいきちは人気のお店だけに、オープン時でも並んでいることはありますけどね。
それでも、並んで食べるぐらいの価値はあります。

ぎょうざ処だいきちのメニューはとてもシンプルです。
ぎょうざ、きゅうり、キムチ、ライス、スープ。
これだけです。

でも、これがちょうど良いかもしれません。
ライスとぎょうざ、スープって感じで、普通に食べるのも良し。
ぎょうざで酒を飲みたいのであれば、酒とぎょうざにきゅうりやキムチを付けると美味しく飲めます。

ぎょうざは1人前430円で10個です。
どんなぎょうざかというと、一口サイズで少し小さめです

でも、味は絶品です。
皮はパリッとしつつ、裏はモチモチしていて食感が良い。

香ばしさがあり、旨みが凝縮している。
脂っこくないので、たくさん食べることができます。

ぎょうざ飲みをする人が増えているらしいですが、ぎょうざ処だいきちの餃子はお酒とめちゃくちゃ合うのでぴったりだと思います。
値段もリーズナブルですし、餃子好きなら行くべきお店です。