上海湯包小館 イオンモール常滑店は小籠包が絶品の中華料理店

愛知県常滑市の「上海湯包小館 イオンモール常滑店」は、イオンモール常滑店1階にある中華料理店です。
上海湯包小館の店内は赤と黒が基調の、中華風でありながらどこか落ち着いた空気が漂う内装で、老若男女問わず入りやすい雰囲気があります。

中華料理を取り扱うお店であり、中華料理といえば脂っこいものが多いイメージを持っている人もいるかと思いますが、上海湯包小館では日本人向けのあっさりとした料理もあり、女性にも嬉しい飲食店になっています。

私の上海湯包小館イチオシメニューは、ディナーの「蟹あんかけ炒飯セット」です。
メインの蟹あんかけ炒飯に、小籠包3つと、デザートにハーフ杏仁豆腐が付いて税抜1,290円。

蟹あんかけ炒飯は見た目以上にさらっとした口あたりで、お茶漬けのようにスルスルと食べられてしまいます。
小籠包3つというのも絶妙な個数で、「もう少し食べたい!」と思える、一番おいしく食べられる個数です。

杏仁豆腐も、牛乳プリンに近い優しくまろやかな味わいで、後味が残りにくい風味なので、満足感がありながらもたれにくい、嬉しいメニューです。

店名:上海湯包小館 イオンモール常滑店
住所:愛知県常滑市りんくう町2丁目20番3イオンモール常滑1F
電話:0569-89-2501

島原の独特な食材が入った雑煮を提供している元祖姫松屋

創業約180年の老舗料亭とした出で立ちのお店は、元祖姫松屋の店内も和装が似合う雰囲気であり、接待にも向いている造りです。
ホール・キッチンスタッフの教育も行き届いているのが理解できる、そうした接客サービスもウリですから、オーダーもしやすく、提供されるまでの待ち時間も気にならないようです。

元祖姫松屋でイチオシ、おすすめとなるのが、島原の乱時に天草四郎により兵糧食として誕生したといわれる「具雑煮」です。
単品で、並980円・大1180円で提供されていますが、もちろん、郷土の味ですから松竹梅のランクになった定食も提供されています。

元祖姫松屋の具雑煮は、シロナ、3種類のかまぼこ、アナゴなど、13種類の厳選した地元食材を入れて作られています。
もちろん、ダシも決め手であり、老舗ブランドの名にふさわしい、奥深さがあると評価されています。

もちろん、元祖姫松屋はその他にも定食メニューが用意されており、その中でランクが高いのは雲仙和牛の定食です。
さらに小さなお子さん連れでも利用してほしい、そうしたお店側のはからいにより、新幹線型の器で提供するお子様ランチ(800円)もラインナップされています。

店名:元祖姫松屋 本店
住所:長崎県島原市城内1丁目1208-3
電話:0957-63-7272

銀座にあるあの人気麺が表参道で食べれる蝋燭屋 表参道ヒルズ店

蝋燭屋でぜひ食べていただきたいメニューは麻婆麺です。
辛い物好きにはたまらない適度に辛い麻婆豆腐が中華麺の上にかけられた一品です。
あの有名グルメ雑誌「danchu」にも取り上げられており、ちょうどよい濃度の麻婆餡が麺によく絡みマッチします。

蝋燭屋に来たらぜひ使っていただきたい調味料が、卓上に用意されている「ぶどう山椒オイル」です。
普通のお店ではなかなか見ないものだと思いますが、加えてみるとくちびるにまでビリビリとくるシビレとフルーティーな香りが最後まで飽きさせることなく食欲を刺激します。

麻婆餡の辛さも選べますが、私的におすすめなのは自分の好みよりも1ランク上の辛さを選び、別途注文したライスにかけるとペロリと半ライスも食べられてしまいます。
お昼時に蝋燭屋に行けばライスは注文せずともサービスでつけてもらえます。

本来は銀座本店まで行って長蛇の列に並ばなければありつけない一品なのですが、近年できた表参道ヒルズ店は席数も多く並ぶことも少ないです。
蝋燭屋は店員さんも親切で、料理もあまり待つことなく提供してもらえるので、1,000円程度のランチにはもってこいです!

店名:蝋燭屋 表参道ヒルズ店
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目12-10
電話:03-6447-2801

コットン、熊本県荒尾市のいろいろな産地のコーヒーが飲めるレトロな喫茶店

コットンは、40年以上営業している昭和の喫茶店です。
近年は、英会話教室やコンサートなどを実施している喫茶レストランです。

コットンの店舗は、国道沿いにあり、目立つ黄色の大きな看板があってわかりやすく、駐車場も、道沿いの店舗前にあり入りやすくなっています。

店舗内は、カウンター席とテーブル席、少し奥まったところにもテーブル席がります。
奥まった席の奥の壁は、鏡になっていて店舗が広く感じられます。

コットンは喫茶店ですが、食事メニュ-も充実しています。
一番の特徴としては、産地の異なった自家焙煎のコーヒーが頂けることです。
コーヒーメニューには、酸味、苦み、甘味、香り、コクと言った特徴が記されていて、産地の特徴を知らない素人でも、好みのコーヒーを選ぶことができます。

コットンおすすめは、日替わりランチです。
2種類のメインディシュから選べて、その日のスペシャルコーヒーがついてこの価格はとてもお得です。

ここの近くには、世界遺産に指定された万田抗跡や遊園地のグリーンランド、大牟田市動物園があります。
因みに、万田抗跡は、「るろうに剣心」のロケ地です。
「コットン」は、観光のついでの休憩やランチなどに最適です。

メニュー
モーニング    500~750円
ステーキランチ  1480~2380円
日替わりランチ  980円
パスタランチ   980円
その他 コーヒー、パフェ等 

店名:コットン
住所:熊本県荒尾市境崎1588-4
電話:0968-62-5996

BASE DINER 籠原店は美味しい料理が豊富でおすすめのカフェ

籠原にあるBASE DINERは、ハンバーガーやパスタや肉料理など色んな物が美味しく食べられるのでオススメです。

店名:BASE DINER 籠原店
住所:〒360-0847 埼玉県熊谷市籠原南2-355
電話:050-3491-7956

籠原にあるBASE DINERは、種類が豊富なので何を食べるか迷っています。
ランチメニューで行くのがオススメで、ランチの時間帯は11:00~15:00です。

BASE DINERでよく注文するのが、テリヤキバーガーです。
価格は1000円です。
ランチタイムでは、フライドポテトとサラダが付いてきます。

バンズは柔らかくてふっくらとしていて、テリヤキチキンは柔らかくてジューシーでとても美味しいです。
太めの玉ねぎがスライスされていて、コレも柔らかくて甘みがあります。

レタスはシャキシャキとしていて新鮮です。
とても大満足なバーガーです。

他には、魚介たっぷりペスカトーレです。
価格は1480円です。

ランチタイムではミニサラダが付いてきます。
とても豪華なシーフードパスタで、魚介の旨味とトマトソースが絡み合い、相性も良くてとても美味しいです。

まだ他にも、ガーリックチキングリルステーキやじっくりコトコトバターチキンカレーなど美味しい料理が沢山あります。
そんな、種類が豊富なBASE DINERはオススメできる飲食店です。

京都市中心部のタイ料理店バーン・リムナーム。清潔感のある、明るいお店です。

店名:バーン・リムナーム
住所:京都府京都市下京区斎藤町140−28
電話:075-352-3823

タイ料理が食べたくなり、事前にリサーチしたこちらのお店、バーン・リムナームへ。
バーン・リムナーム店内は明るくて、鴨川沿いの立地ということもあり窓際の席は埋まっていました。

日本では珍しいかも?まずはシンハービールの生で乾杯!
バーン・リムナームのメニューの種類はそう多くはありませんがどれも美味しそうで迷ってしまいました。

結局この日は1030円のダブルカレーセットを注文。
レッドカレーと、ココナッツの風味のきいたイエローカレー?のセットでした。

野菜などの具材がたっぷりのカレーでどんどんスプーンが進みますが、途中から汗が滲みはじめそのうち滝のような汗が…(笑)。
私が辛い物好きということもあるかもしれませんが、心地のよい辛さでした。

セットにはスープやサラダ(珍しいマンゴー風味のドレッシングでした)、小鉢にデザートまでついて大満足でした。
相方はガパオライスのランチにしましたが、それも美味しそうでした。

バーン・リムナームの客層は日本人もいましたが外国人、特にタイ人と思われる人たちの姿も…。

ホールのスタッフも恐らく現地の人だと思われます。
気持ちの良い接客でした。

バーン・リムナームは気持ちの良いロケーションで美味しいタイ料理が食べられて、言うことありません!

渋谷で新たな四川料理を堪能できる店「szechwan restaurant 陳」

szechwan restaurant 陳は、四川料理の第一人者である陳建民を父にもち、「料理の鉄人」でブレイクをはたした陳建一がオーナーを務める四川料理の銘店です。
陳建一は修行のすえ、父である建民の死去により「四川飯店」のオーナーに就任します。

ブレイク後はさまざまメディアに出演し、CMにも抜擢され数多くの著書も執筆していますが、その中で渋谷に新たなる店舗「szechwan restaurant 陳」を構えました。
父建民の魂をいかしつつ新たなコンセプトで独自のメニューを考案し、店内の装いもスタイリッシュにまとめた今までにない四川料理が味わえる店です。

szechwan restaurant 陳おすすめの料理は、四川飯店伝統の麻婆豆腐はもちろん、よだれ鶏・伊勢海老のチリソース・タラバ蟹のミルク炒め・和牛サーロインの真空仕立てチンジャオロース・汁なし担々麺などですが、まずは豊富なランチメニューや3種類のコース料理で味わうことをおすすめいたします。

誰もが四川飯店の伝統を受け継いだ、陳建一の新たな味を堪能できるはずです。
オープンキッチンを取り入れるなどそのおしゃれな雰囲気は、大切な人との会食や接待、家族の記念日などに最適な空間を演出してくれます。

店名:szechwan restaurant 陳
住所:東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー東急ホテル2F
電話:03-3463-4001