借金がなかなか減らない

一度軽い気持ちでキャッシングを利用したら、どんどん深みにはまってしまうことがあります。
お金を貯めて物を買うのが当たり前の順序だとしても、お金が貯まるより先に欲しいものがあれば気軽にキャッシングでお金を借りてお買い物をしてしまいます。
金利がバカにならないことが分かっていても、それよりも物欲が勝ってしまうのです。
借りては返済をして、という悪循環を繰り返していると「自分は一体いくら金利を払ったのだろう?」ということは全く分からなくなってしまいます。
いくら使って借金がいくらあるのか把握できなくなると、借金は減るどころかじわじわ増えていくことになります。
増えることに対しても感覚はどんどん麻痺してしまいますので、そうなると毎月ひたすら金利と元本を払って、また同じように借金を作るようになります。
最初は軽い気持ちだとしても、このような自転車操業が続くと借金はいつまで経っても減らなくなってしまいます。
ひどい場合には債務整理の必要も出てきます。
これじゃいけない、と気付けた時点で物欲を押さえ込み、地道に返済することが出来れば借金とお別れすることもできますし、自力で立ち直れば二度と同じような借金は作らないでしょう。
どうにも返済出来ないような状況まで借金を膨らませてしまう前に、今ある借金を一旦クリアにしようと決意することが重要です。