京都市中心部のタイ料理店バーン・リムナーム。清潔感のある、明るいお店です。

店名:バーン・リムナーム
住所:京都府京都市下京区斎藤町140−28
電話:075-352-3823

タイ料理が食べたくなり、事前にリサーチしたこちらのお店、バーン・リムナームへ。
バーン・リムナーム店内は明るくて、鴨川沿いの立地ということもあり窓際の席は埋まっていました。

日本では珍しいかも?まずはシンハービールの生で乾杯!
バーン・リムナームのメニューの種類はそう多くはありませんがどれも美味しそうで迷ってしまいました。

結局この日は1030円のダブルカレーセットを注文。
レッドカレーと、ココナッツの風味のきいたイエローカレー?のセットでした。

野菜などの具材がたっぷりのカレーでどんどんスプーンが進みますが、途中から汗が滲みはじめそのうち滝のような汗が…(笑)。
私が辛い物好きということもあるかもしれませんが、心地のよい辛さでした。

セットにはスープやサラダ(珍しいマンゴー風味のドレッシングでした)、小鉢にデザートまでついて大満足でした。
相方はガパオライスのランチにしましたが、それも美味しそうでした。

バーン・リムナームの客層は日本人もいましたが外国人、特にタイ人と思われる人たちの姿も…。

ホールのスタッフも恐らく現地の人だと思われます。
気持ちの良い接客でした。

バーン・リムナームは気持ちの良いロケーションで美味しいタイ料理が食べられて、言うことありません!

切手買取でシートがバラ切手として扱われる理由

切手買取では、基本的にバラの状態よりもシートの状態の方が高くなります。
ただ、シート状の切手と思って買取店に持って行っても、バラとして扱われてしまうケースがあるのです。

そういった事態になる可能性は実際にあるため、自分の持っている切手がシート状にしか見えないとしても、バラ扱いにされてしまう原因について知っておきましょう。
Continue reading “切手買取でシートがバラ切手として扱われる理由”

渋谷で新たな四川料理を堪能できる店「szechwan restaurant 陳」

szechwan restaurant 陳は、四川料理の第一人者である陳建民を父にもち、「料理の鉄人」でブレイクをはたした陳建一がオーナーを務める四川料理の銘店です。
陳建一は修行のすえ、父である建民の死去により「四川飯店」のオーナーに就任します。

ブレイク後はさまざまメディアに出演し、CMにも抜擢され数多くの著書も執筆していますが、その中で渋谷に新たなる店舗「szechwan restaurant 陳」を構えました。
父建民の魂をいかしつつ新たなコンセプトで独自のメニューを考案し、店内の装いもスタイリッシュにまとめた今までにない四川料理が味わえる店です。

szechwan restaurant 陳おすすめの料理は、四川飯店伝統の麻婆豆腐はもちろん、よだれ鶏・伊勢海老のチリソース・タラバ蟹のミルク炒め・和牛サーロインの真空仕立てチンジャオロース・汁なし担々麺などですが、まずは豊富なランチメニューや3種類のコース料理で味わうことをおすすめいたします。

誰もが四川飯店の伝統を受け継いだ、陳建一の新たな味を堪能できるはずです。
オープンキッチンを取り入れるなどそのおしゃれな雰囲気は、大切な人との会食や接待、家族の記念日などに最適な空間を演出してくれます。

店名:szechwan restaurant 陳
住所:東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー東急ホテル2F
電話:03-3463-4001

ラーメン博士ラーメン&HAKASE Thaiレストラン、鎌ヶ谷にある名物タイ料理店

東武アーバンパークライン鎌ヶ谷駅にほど近い立地ながら、駐車スペースが20台ほどあるので、電車でも車でも利用しやすい表題店。

通称:『博士ラーメン』。

店名を呼んで不思議に思った方も多いと思いますが、元々はラーメン店とタイ料理店を分けて営業されており、一つの店舗に統一され今の形態に。
オーナーのご家族の医学博士と薬学博士が、体によいものを…と考え抜いて作った無化調のお料理ばかりです。

博士レストランのタイ料理に関しては、県内でも数少ないタイ国政府認定のレストラン。
「宮廷タイ料理」を再現したという本格的で上品な味わいです。

博士レストランおススメは「ガパオライス」。
一つ1200円ですが、分量は大人2人分近くはあるでしょうか。

給仕スタッフの方が取り分け用のお皿やレンゲを必ず持ってきてくれるほどの大盛り感!
辛さはほぼなく、オイスタータソースのコクと甘さを感じる味付けで、お子さんでも食べやすいでしょう。

タイ料理も魅力的ながら、ラーメンも絶品です。
麺はかん水を使用せず、ゴマやキャベツなど体によい成分を練り込ませた自家製太麺。

通常のラーメンとは違い、細めのうどんに近い感覚です。この太麺がお腹によく溜まるんです。
スープは魚介ベースの穏やかな味わいで、しょうゆ・しお・みそが選べます。

好みにもよりますが、個人的には「蔵出しネギみそラーメン」がお気に入り。
数種類のみそがブレンドされたコク深い甘みと、ねぎの辛さ、さらには刻み海苔の風味が絶妙にマッチしていて、とてもおいしいです。

ちなみに「蔵出しネギみそラーメン」だけは器が大きく、平均的な大人の女性なら、1人では食べきれない量かもしれません。980円です。

店内はタイ風の様相で、レストランにつきラーメンを注文しても、給仕の方が対応してくださいます。
給仕の方は笑顔こそ少ないですが、接客は非常に丁寧。
そのうえトイレなど、店内全体も清掃が行き届いていて気持ちがいいです。

味も雰囲気も珍しくて、思い出に残るお店ではないでしょうか。
何より、ラーメンを食べても罪悪感がないのが嬉しいではありませんか。
鎌ヶ谷近隣まで来た際は、立ち寄っていただきたいお店です。

店名:博士ラーメン別館 & HAKASE Thai 博士レストラン本店
住所:千葉県鎌ヶ谷市道野辺本町1-15-12
電話:047-444-3212

兵庫県の篠山市にある黒豆の館で満足バイキングランチ

店名:黒豆の館
住所:兵庫県丹波篠山市下板井511−2
電話:079-590-8077

丹波篠山市に黒豆の館というところがあり、ここのランチが美味しいと聞いて食べに行くことになりました。

満足のいくランチのボリュームと、健康的な食事で体も心も大満足という感じです。

黒豆の館はバイキング形式のお店なのですが、広い店内でお見せの中央部分に料理がたくさん並んでいて、自由に好きなだけの量を取ることができます。

大人は、1200円(税抜)で食事ができます。
バイキングでこの値段で食べられるのは、すごいことだと思います。

黒豆の館は健康手な野菜もたくさん食べられますし、お肉もお魚もあり、女性も男性も楽しめるバイキングの内容です。

健康的な食材で安心して食べられるので小さな子ども連れでも食べるものに困ることがなく安心です。

食事だけでなく、飲み物もたくさん取り揃えられているので、お腹いっぱいに食事を食べた後、のんびりと飲み物で落ち着くことができます。

黒豆の館はお店の方も親切なので、接客も気持ちよく、座席はゆったりとしている間隔をあけているので、回りの他のお客さんを気にすること無く食事をすることができます。

時間制限はありますが、お腹いっぱい食べて、飲み物も飲むゆとりがあり、また行きたいと思いました。

一宮市丹陽町にある唐揚げの大善の唐揚げがすごい!

店名:唐揚げの大善
住所:愛知県一宮市丹陽町伝法寺6丁目
電話:0586-77-3966

唐揚げの大善は国道22号沿いにあり、高速道路の入り口が近くにあります。
店舗はかなり大きく目立つので迷うことはないです。

唐揚げの大善の駐車場はもうちょっとあったらいいなという感じです。
昼くらいにはちょっと狭く感じます。

唐揚げの大善の売りはなんと言っても名前の通り唐揚げです。
本来は中華料理屋なのですが、唐揚げの大善の唐揚げはとにかく量がすごいです。

なかなかに大きめの唐揚げが7個分。と言うのが通常ですが、今回は山盛りの唐揚げ定食(からあげ10個分)を注文しました。

ごはんに味噌汁、キャベツと言ったところに、これでもかと言わんばかりの量。
最初は良いのですが、後になってくると結構厳しい。

ただ、味に飽きてきても机にあるマヨネーズやごまだれとかで味を変えていけば、結構いけると思います。

ちなみにキムチ食べ放題なので、好きなかたにはより楽しめる感じになっています。
ちょっと食べ過ぎちゃったかな?というくらい量がいっぱいあって満足しています。

唐揚げの大善の店員さんは中国の方で、ちょっと愛想が悪いかな?と思いましたが、ちゃんと食事提供してくれるので良かったです。
機会があれば、他の中華料理も味わってみたいモノです。

ナイルレストラン、東銀座にある1949年創業の本格インド料理店

ナイルレストランは、地下鉄日比谷線か都営浅草線の東銀座駅から歩いて1分というすぐ近くにあるインド料理のお店です。
ディナータイムはおまかせコースとして、前菜からカレーやスープなどがついた本格的なインド料理がが楽しめます。

特にランチタイムが人気で、「ムルギーランチ」というインド風の骨付きの鶏肉が入ったカレーが定番で、ナイルレストランに入店すると少しクセのある店員さんが「ムルギーランチでいいかい?」「ビールは飲むかい?」とまくし立ててきます。

もちろん、ナイルレストランはラッシーなどカレーを食べる時に良く合う飲み物もありますのでご安心下さい。

ランチを頼むとそれほど待つことも無く、すぐに店員さんが運んできてくれます。
そして、目の前で骨付きの鶏肉をほぐして食べやすくしてくれます。

黄色いお米と茹でたキャベツ、さらにはポテトサラダがワンプレートになっているカレーで、さきほどほぐしてもらった鶏肉と全体を混ぜながら食べると、スパイスの良い香りが鼻から抜けながら、色々な味が口の中に広がります。

カレーなのであまり辛い物が得意では無いという人でも、ポテトサラダが入ってるからなのか、それほど強烈な辛さはありませんので大丈夫かと思います。
成人男性でもじゅうぶんにお腹いっぱいになる満足感でした!

店名:ナイルレストラン
住所:東京都中央区銀座4-10-7
電話:050-3491-4262