古々地庵、古賀市にある本格的なインドカレーが食べられる田舎の古民家カフェ

店名:古々地庵
住所:福岡県古賀市薦野1302-1
電話:092-692-6067

古々地庵は、福岡県の2大都市である福岡市と北九州市のほぼ真ん中位に位置する古賀市にあります。
古賀市の中でも大変辺鄙な場所にあり、古々地庵は簡単に行くことはできません。

公共交通機関を利用するのであれば、JR九州の鹿児島本線に乗り、快速電車が停車する「古賀駅」で下車します。
駅前から西鉄バスが運行していますので、「薦野」行きに乗り30分弱で到着する「下薦野」で下車します。

バスの本数は多くないので、事前に調べておくほうが良いと思います。
バス通りから少し隠れたところに古々地庵がありますが、大きな看板が目印になるので近くに来たらバスの窓から探しておいてください。

車で行く場合は九州自動道路の古賀インターチェンジで降りて国道3号線を経由して向かいます。
カーナビにお店の登録がない場合は「下薦野」バス停を目印に行けば大丈夫です。

古々地庵の営業時間は11:30~15:00と17:00~21:00で、月曜日が定休日です。

料理はインドカレーがメインで、キーマカレー、チキンカレー、えびカレーが単品で730円です。
カレーに合わせるナンは320円、その他にチーズナン600円、ミニチーズナン440円、ガーリックナン550円、キーマナン550円があります。

古々地庵のサイドメニューとしてはチキンティッカ3P450円をはじめ、チキンティッカ5P600円、パングラ450円、手羽先350円、サラダ120円、ライス320円などが揃っています。

お得なセットメニューはAセット(プレーンナン・カレー・サラダ)が1130円、Bセット(プレーンナン・カレー・サラダ・ドリンク付)が1330円です。夜のアルコール類は瓶ビールが630円、ネパールビール630円、日本酒450円、焼酎450円、グラスワイン450円、ボトルワイン4300円~などを飲むことが出来ます。

古賀市が押している「焦がし商品」の一つとして「焦がしカレー」が新たにメニューに加わりました。

お店はアメリカ帰りの女性が昭和12年に建てたという古民家を改装したものです。
当時としてはモダンな造りの建物だったのでしょうが、80年以上を経過した今では、周囲の景色に溶け込んだ落ち着いた佇まいを見せています。

古々地庵のお店の中は大変広く、日本家屋の中に立派なイスやテーブルがゆったりと十分な間隔を設けて配置してあります。
大きなテーブルは8人はゆっくりと座れる大きさですので、大人数で行っても大丈夫です。

また、縁側には外に向けたカウンターもあり、カップルや少人数でも対応できる造りです。
飾ってある書や骨とう品のセンスも良く、ゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で食事を楽しむことが出来ます。

古々地庵のカレーは比較的マイルドな味付けで、辛いものが苦手な私にもとても美味しく感じられました。
平日に訪れたせいか、お客さんの数もそれほど多くはなく、食後のコーヒーをゆっくりと味わうことが出来、とても充実したランチを楽しむことが出来ました。

お店の中はオバアチャンの家に帰ったような、安心して寛げる雰囲気に包まれ、古々地庵のゆっくりとした接客の仕方も客に安らぎを与えてくれるものでした。
周囲には観光するような場所は無いので、このお店で食事をするためだけに訪れることになるでしょうが、決して来たことを後悔するようなことは無いと思います。

わざわざ遠くから訪れても決して後悔することのないお店です。