弁護士無料法律相談で内容を伝えるには事前の電話確認が重要

弁護士相談といっても、無料もあれば有料の場合もあります。
市町村の行っている無料相談は様々でしょうが、一般的に言って、話ができる時間は30分足らずです。
有料の場合でも、30分が5000円というのが相場ですから、長くなればなるほど、お金がかさんでいきます。

そのため、最初にこうなって、こういうことになり云々とぐちのようなことを途方もなく話していると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
相手側はあなたが何を言いたいのか不明のままとなってしまう可能性があります。

ですから、まず、弁護士に相談するということが決まったら、自分の頭の中で、できたらメモを取るなりして、一度、客観的に整理し、言いたいことをまとめる作業が必要です。

例えば、いつ、なにがあって、問題点はなにか、自分はどうしたいのか、というように、聞きたい・確認したい内容の概要を伝えることが大切です。
そして、弁護士のほうからも、詳細について聞いてきますから、曖昧な記憶ではなく、何月何日とまではいわなくとも、何年前からとか、何か月前からとか、ある程度の時系列も作っておくほうがよいでしょう。

そして、一番大事なのは、自分がどうしたいかです。
法律の専門家を間に入れて、何がしたいのか?

実際に法的な手続きを依頼することになれば、その方針に従って相手も動きますから、その点を十分、自分の中で検討してから相談してください。
事前に電話して、準備が必要なものを確認しておくのも重要です。

参考サイト:弁護士無料電話相談所|24時間法律相談

弁護士相談は電話より面談の方がいい?

弁護士との面談は、一般的には法律相談と言われています。
では、内容としては、いったいどのようなものでしょうか?
原則として、弁護士と話をして、法律的に困っている内容についてアドバイスを求めることです。

種類としては、離婚、交通事故などのあらゆる種類があります。
一番多いのは借金に関連するものです。

そして、法律相談の方法には、電話による方法、面談による方法という、大きく2つの方法があります。
どちらの方法を取るのが良いのでしょうか?

結論から言えば、弁護士に法律相談をする場合には、出来る限り面談をしたほうがよいです。

弁護士相談は電話より面談の方が良い理由

面談の方が良いのは、いったい何故でしょうか?
電話で相談する場合は、相手の顔も見えないですし、態度、仕草も見えません。
極端な話、話の真偽を確かめるための情報が少なくなってしまいます。

これに対して、弁護士の面談による場合であれば、いろいろな資料を見ながら話すことができますし、また、お互いの顔を見て話をすることができます。

細かい表情によって、内容をより深く理解することができるからです。
法律事務所によっては、電話による相談を受け付けておらず、面談だけのところも多くあります。

これは、電話は面談に比べて劣っているという判断でしょう。
電話は、DVや債務整理など、ある程度の定型的な法律問題には適していますが、かなり複雑な話、1時間以上かかるようなヘビーな内容の場合は、面談が適しています。

このように、弁護士に相談をする場合には、なんとか時間の都合をつけて、面談をするようにしましょう。
それが、問題解決の近道です。

弁護士無料電話相談の方が良い場合

とは言え、電話にもメリットはあります。
面談する多くの場合は、料金が必要となります。
相場で30分5000円ほども掛かります。

これで問題が解決するわけではなく、実際に法律事務所に依頼するかどうかを、この30分で判断するのです。
頼むかどうかも分からないのに、たった30分で5000円もの相談料が掛かるのです。

それに、弁護士は法律の専門家ですが、自分と相性が良いとは限りません。
すこぶる話しにくい人だって存在ます。

電話相談なら、殆どの場合は無料です。
話しぶりなどで、自分との相性が判断できる場合もあると思います。

電話で話してみて、実際に面談する価値があるかどうかを判断すると良いでしょう。
説教臭い偉そうな人に、お金を払う必要などありません。

年寄りの弁護士などは、今まで先生と持ち上げられているので、勘違いしている人も多いですからね。
実際、そういった事務所ほど、無料電話相談を受け付けていなかったりするのです。