借金を繰り返す前に生活の見直しを

借金をする理由は人それぞれ違います。
冠婚葬祭が続いた、急に入院することになった、といった予定外の出費のほか、生活費が足りない、という理由で借りる人もいます。
お金を借りること自体は別に悪いことではありません。
カードローンやキャッシングは、そういうのためにあるサービスですから、足りない時には利用すれば良いでしょう。
問題は、計画通りに返せるかどうかです。
ほとんどの人が、毎月少しずつでも返済をして完済しますが、中には借入を繰り返し、どんどん借金が膨れ上がってしまう人がいます。
そういう人は、一度冷静になって、このままいくとどうなるかを考えてみましょう。
どんな状況でもなんとかなる、と考える人はいるものです。
楽観的な性格は、時には良い結果を生みます。
しかし、借金問題に関しては、あまり楽観的なのは困ります。
毎月生活費が足りなくて、毎月借金をしているようでは、いずれは破綻して返済不能になるのは目に見えています。
借りたお金は返す義務がありますが、どうしても返済ができない状況に陥った時は、借入を繰り返しても決して解決しません。
毎月の収支を見直すなり、借金整理を検討するなり、なんらかの対処を考えなくてはならないでしょう。
生活を立て直すことを第一に考えましょう。

 

 

過払い金の請求

日々の生活を送っていると、支払う必要のないお金まで払ってしまったということはよくあります。
サラリーマンにおなじみなのが、年末調整でしょう。
年収が確定し、その数字によって、毎月払いすぎていた余分な税金を返還してもらおうというものです。
逆に、支払い分が不足していたら、年末調整により支払い義務が生じることもあります。
さて、消費者金融などの利息は、法律により制限されていることがほとんどです。
その利率が違法であれば、支払い後に過払い請求をすることが可能ですし、利率の制限は法律により改正されているものでもあります。
改正前の利率を適用されてしまっているような場合も上記の通りです。
まずは債権者あてに、取引履歴を請求してみましょう。
そのデータを、過払い分計算ソフトなどを利用して、自分が払いすぎていないかを調査します。
もし、払い過ぎを証明できるようなら、債権者に、過払い分の支払い請求を提出してみましょう。過払い金が戻ってくる可能性があります。
これらの手続きでは弁護士や司法書士に相談してみるのもよいでしょう。
弁護士費用はかかりますが、面倒な手続きを代行してくれるので、戻ってくる確率も高くなるでしょう。
ご自身に過払い金があるかどうかのひとつの目安としては、借入期間が実に5年以上である場合や、金利を18%を超えて支払っている場合などがそれに該当するでしょう。
注意点としましては、過払い金にも時効があって、それが10年だという点でしょう。

 

 

借金をした時の生活と結果

人間が借金をすることは自然だと思います。
私は仕事や人間関係でお金を大量に使っていたので、最終的には借金をして生活が苦しくなりました。
またその他に趣味にもお金を使っていたのが問題でした。
趣味を楽しむためにはお金が必要なので、私は何度も借金をしていたのです。
借金を返すためには仕事が必要だったので、インターネットや求人を見て対策を考えました。
しかし生活するだけでもお金が必要だったので大変でした。
そして私は借金返済のために様々な工夫をするようになりました。
以前は借金返済のために食事を減らすことも多かったです。
その時は空腹で眩暈がしたので健康状態も悪かったと思います。
結局は新しい仕事の影響でお金が入りました。
私はそれを趣味に使わないように注意しました。
実際に趣味には膨大なお金を使っていたので、それを止めることが借金返済の鍵でした。
借金があった時は電気代にも注意して生活をしていました。
特に電気を使う機械類は使用しないことが多かったです。
また休日には公共施設で時間を潰していました。
今になって考えると過去の失敗は自分のためになりました。

借金を経験すれば注意深くなるのでメリットがあります。
私は借金で苦しい生活を送った影響で、お金の使い道を深く考えるようになりました。

 

 

弁護士相談の費用は依頼と比べるとかなり安い

弁護士相談をしたいときには、費用というのが気になると思います。
正式に依頼をするといろいろな名目でお金をとられることが多いです。
しかし、弁護士相談の場合にはそこまで高額にはなりません。
依頼にかかる費用と比べると大分リーズナブルなはずです。
実際、弁護士相談にかかる費用は平均してどれくらいなのか?というのは気になるでしょう。
これはどこを利用するか?ということによって変わってきますけど、30分あたりで料金が設定されているケースが多いと思います。
そのうえで数千円くらいを目安にしてもらいたいと思います。
5000円くらいが平均かな?と思われます。
それより安いケース、高いケースもありますけど、大きく異なることはないのではないでしょうか?
弁護士相談としての費用は高いのか?安いのか?
ということは何とも言えないですけど、正式に依頼をするとこんな費用では済みません。
数十万円から100万円以上とかのケースも考えられますから、やはり弁護士相談というのは、利用する中ではかなり安い方になるでしょう。
弁護士相談は問題を解決に導くためのスタートとして有効な手段にはなると思いますけど、費用面なども考えながら利用するか?どうかを考えていきましょう。

 

 

自己破産後のメリットとデメリット

自己破産には、借金の返済から開放されたと言うメリットにも思えるかもしれませんが、デメリットについてもしっかりと把握しておかなければいけません。
メリットについては、自己破産をすることによって、今までの借金がゼロの状態になります。
そして、この状態から、人生の再スタートが始まるのです。
何もない状態になって今までとは違って身が楽になったと思うかもしれません。
しかし、デメリットもいくつかあるのです。
自己破産を行うと、会社的な信用を失うことになります。
ローンを受けようと思っても、審査がほとんど通らなくなるのです。
そのため、しばらくはローンを受けることができなくなるのです。
そして、しばらくの間、再度自己破産をする事ができなくなります。
1度すると、しばらくはゼロの状態から頑張る必要があるのです。
借金がゼロになって身が楽になっても、生活が楽になるわけではありません。
自己破産をした場合、家や車など、20万円以上の価値のある財産はすべて没収されることになるのです。
デメリットもいくつかありますが、上手く利用することによって、実はメリットのほうが多かったりもするのです。
自己破産は生きていくための大きな決断にもなります。
しっかり考えて行うようにしなければいけません。

 

 

自己破産後の生活

私は破産申請をしてから3年が経過している者です。
自己破産をした経緯は、借金の返済ができない状況になり、やむを得ずにした流れになります。
借入したお金の使いみちは、主に生活費でした。
そのため自己破産の申請が通ったようです。
私の身内には、同じ境遇の者が1人もいないので、それだけで、家族とは疎遠になり、1人で寂しい毎日を送っています。
破産すれば楽になると当時は思っていましたが、私にとっては自己破産後の生活のほうが苦しい生活のように感じます。
それまで楽しみしていた甥っ子の運動会に行けなければ、お盆や正月に家族と顔を合わせることもなくなりました。
借金の返済という苦しみから開放された代償に、私は家族との繋がりを失ってしまいました。
こんなことになるくらいなら、借金なんてしなきゃよかったと毎日後悔しています。
毎日仕事に行き、休みの日は自宅でテレビを見ているだけの日々。
友達付きあいもほとんどなく、車を購入したくてもローンが通らないので、購入することができません。
基本的にクレジットカードを持つこともできないので、大きな買い物は一切できなくなりました。
携帯電話を割賦で購入することもできなくなったため、ずっと古い携帯電話を使い続けています。
自己破産後の生活は決して楽なものではありません。

 

 

おすすめサイトの紹介

 

紹介テーマ:「自己破産後の生活【破産したらどうなる?その後の生活を徹底解説!】

 

こちらは、管理が参考にしているサイトです。
自己破産については詳しく解説しているので、借金生活に行き詰っている人には参考になると思います。
興味があれば訪問してみてください。

 

更新履歴